« 土岐市でシマウマ逃走中 | トップページ | 今が盛り土岐川の桜 »

2016年3月25日 (金)

預金の分割の審判、大法廷回付

預金の分割、大法廷が判断へ 遺産「対象外」見直しか http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23HAW_T20C16A3CR8000/
日経の記事です。
最高裁は2004年の判決などで「預金は相続によって当然に分割されるため遺産分割の対象外」としており、一審・大阪家裁と二審・大阪高裁は判例にしたがって分割を認めなかった。
この判例は、司法書士としては、当然知ってはいますが、実際の運用というか、金融機関の取り扱いとしては、自己の法定相続分だけの払い戻しを請求しても、なかなか応じてはくれません。
相続人全員の印鑑がないと無理でしょう。
小法廷から大法廷へ回付ということは、判例変更の可能性が大きいですね。

|

« 土岐市でシマウマ逃走中 | トップページ | 今が盛り土岐川の桜 »

訴訟・判例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547596/63393043

この記事へのトラックバック一覧です: 預金の分割の審判、大法廷回付:

« 土岐市でシマウマ逃走中 | トップページ | 今が盛り土岐川の桜 »