消費者問題

2013年5月31日 (金)

偽装質屋

偽装質屋が逮捕されたという事件です。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130530-OYS1T00736.htm

しかし、年124・5~165・7%とは、とんでもない利息です。

質屋は、貸金業とは異なり、「質屋営業法」に基づく業種形態であり、同法第36条で年利109.5%(1日当たり0.3%)までの利息が認められている。

この利息については、利息制限法が「適用される」、「適用されない」の2通りの判例があり、それに関しての最高裁の統一見解は、まだ出されていない。

質屋営業に高い上限金利が認められている理由は、3ヶ月までの短期・小額金融であることや質草の鑑定、保管の手数、盗犯防止、盗犯品捜査協力等の費用を加味したものであると言われています。

このような高い法定金利に目をつけ、闇金融業者が質屋を装って違法な貸し付けを行うのが「偽装質屋」といわれるものです。

通常の質屋では質草の価値をもとに金銭を貸し、滞納時は質流れとするが、偽装質屋では価値の無いものを質草に取り、また質流れもさせず、自動引落により融資金を回収していた。これらの状況から実態は貸金業だとして、貸金業法違反として摘発がなされている。高齢者や障害者の年金が振り込まれる口座に自動引落を設定して、事実上年金を担保として融資をしている状態であったという報道がなされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

昨日の21日に改正特商法が施行されました。

例の貴金属の「押し買い」などを規制しています。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20036_Q3A220C1CR8000/
売主の方がクーリングオフ出来るようになっています。

以前、ウチにも電話がかかってきたことがありましたね。
「金の指輪など持っていませんか?」
って、言うから、小気味いい啖呵を切ってやりました。
「あのねぇ。ウチは、ご近所でも有名な貧乏人だから、そんなもんあるわけないやろ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

携帯端末代を分割で支払っている場合の滞納にご注意ください。

あなたの信用情報に傷がつくおそれがあります。

政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201301/3.html

今、スマホに買い替える人が多くて、確かにスマホの本体(携帯端末)代金を分割払いにして、通信料とともに引き落としにしている人が多いでしょうね。
月々通信料を支払っているだけの気持ちになっている人もいるでしょうが、でも、実は、商品を分割払いで買えば、間違いなくクレジット契約になっていますね。
だから、通信料を滞納しただけだと思っていたら大間違いで、クレジットの支払いも滞納になっているので、ブラックリストに載ってしまうということになりかねません。
気をつけましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

武富士創業家を提訴

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011063002000200.html

元顧客側は訴状で、「元会長の遺産を相続した遺族は、利息を払いすぎた元顧客の損害を賠償する責任も承継すべきだ」と主張している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

地震に便乗した商法に注意 国民生活センター呼び掛け

過去にも大災害の後には、災害に便乗した悪質商法が横行したそうですので、注意してください。
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031601000767.html

人の善意や真心や不安感を詐欺にかけるそんな性質の悪い犯罪には、引っ掛からないように注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

大学入学辞退の場合の前納金の返還

今週ですね。国公立大学の前期入試。
ということで、標記の件に関する記事を紹介しておきます。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110221/trd11022107380006-n1.htm

私は、妥当な判決ではないかなと思っています。
大体入学金だけでなく授業料まで納めさせておいて、入学もしないのに「納めた授業料は返還しない」というのは、あこぎだなあと実は受験生時代の私も思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

換金ヤミ金に無効の判決

金貨売買を装ったヤミ金ですね。

札幌簡裁は14日、契約は金貨の売買ではなく実質的な融資だと認定し、「暴利の融資で公序良俗に反する」として、契約は無効と判断した。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110115ddm041040051000c.html

このような換金ヤミ金は、金貨だけでなくいろいろなもので、行われていると思われます。
くれぐれも注意が必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

武富士問題のQ&A

静岡県司法書士会が早々にQ&Aをホームページに掲載されています。

http://shizushihotakefujitaisaku.web.fc2.com/

静岡県会は、消費者問題についての先進会ですので、さすがですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

武富士が会社更生法申請へ

更生法が適用されると過払金の返還額も減額されることになるでしょう。

http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092701000026.html

武富士は大手銀行の傘下に入っていませんでしたからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

初めてのペイオフ発動か

例の金融庁の検査妨害をした件で、捜査をされていた日本振興銀行が破綻ですね。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010091090103115.html

1971年の制度発足以来初めてペイオフを実施するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)